AI記事作成ツール「Articoolo」

2 min 206 views
rpa_sample

当社ではお取引先様向けに毎月「東京文久堂NEWS」をお送りしており、当社のサービスや商品、ちょっと役に立つ情報などを発信しています。
NEWSの内容は各担当営業が書いており、毎月なにを書こうか頭を悩ませているわけですが、ついに見つけてしまいました。

Articoolo

なんとキーワードを入れるだけで記事を書いてくれるAI記事作成ツールということで、これさえあれば毎月悩まなくて済む!と意気揚々とユーザー登録し、当社が得意とするデジタル印刷について書いてもらいました。(キーワードは自分で考えないといけないので何をキーワードにするかはこれまた悩みました笑)

以下、Articooloが書いた記事になります。

名刺は会社のイメージを映し出すものであり、そのため、潜在的なクライアントやビジネスパートナーに好ましい第一印象を与える、または破ることができる素材です。このため、名刺の印刷材料のデザインとレイアウトを真剣に検討する必要があります。名刺の標準サイズは2 x 3.5インチです。必要に応じて、さまざまなカスタムサイズで印刷できます。一部の名刺は、4 x 4インチと同じ大きさです。会社のイメージによって、標準サイズとカスタムサイズのどちらで印刷するかが決まることに注意してください。選択するサイズは、会社が視聴者に与えるイメージを反映します。一般的に、標準サイズでの印刷は、あなたが保守的で上品で確立されていることを意味します。一方、カスタムサイズで印刷すると、派手で新鮮なスタイルのイメージが生まれます。名刺のデザイン名刺のサイズを決定した後、名刺のデザインに関して利用できるオプションがたくさんあります。レイアウトをすべて行う前に、最初に検討する必要がある2つの要素があります。 1つ目は、名刺デザインの方向です。名刺を縦向きにするか横向きにするかを決定する必要があります。それが決定したら、次に、設計を標準にするかカスタムにするかを決定する必要があります。名刺デザインのカスタムオプションは、型抜き、折り畳み、ミシン目、カスタムインクの使用など、名刺のカスタマイズを容易にするものです。名刺の素材別の考慮事項は、特定のデザインで使用するのに最適な素材を選択することです。特定のデザインは、さまざまな素材でうまく機能します。使用可能な用紙は、80ポンドのテキスト、100ポンドのテキスト、80ポンドのカバー、100ポンドのカバー、14 ptのテキストと14 ptのカバーです。テキスト用紙のストックは、ストックをカバーするより薄いことに注意することが重要です。このため、ベースとして頑丈な素材を必要とするデザインにはカバー素材が理想的です。素材のオプションは紙に限定されないことを覚えておく必要があります。名刺をデザインするときに使用できる他の素材は、磁気バック、ビニール、金属カード、ゴム、プラスチックカード、およびテキスタイルです。印刷方法デザインを仕上げた後、考慮すべき最も重要なことは、素材をどこに印刷するかを知ることです。必要な印刷量に応じて、デジタル印刷方法とオフセット印刷方法で名刺を印刷できます。まとめて注文する場合は、オフセットで印刷するしかありません。

いかがでしょうか。

最後の方にとってつけたように「デジタル印刷」というキーワードが入っていますが、デジタル印刷というよりは主に名刺についての説明という印象です。

しかも「まとめて注文する場合は、オフセットで印刷するしかありません。」というデジタル印刷に対する営業妨害!ここはせめて「オフセット印刷もご検討ください。」ぐらいにして欲しかったですね(笑)
英語を日本語に自動翻訳しましたというような文章で分かりづらい部分もありますが、名刺作成の説明についてという観点であれば概ね合っているのではないでしょうか。

ゼロから文章を考えるよりは楽ですが、生成された記事をそのまま使用するのはまだ難しそうです。
こちらのArticoolo、ユーザー登録は無料なのですが、記事を作成して全文見るには課金が必要です。
Facebookでシェアすれば1記事だけ全文見せてくれるので、興味のあるトピックでAIの実力を試してみるのもおもしろいかもしれません。

関連記事