【国家資格】ウェブ素人でもこれだけやれば大丈夫!ウェブデザイン技能検定3級合格への道【実技編】

2 min 68 views
画面スクリーンショット

はじめに

ウェブデザインついては、仕事でも特に従事してないですし、単に趣味レベルでYoutubeとかで学ぶ程度でしたが、この度、ウェブデザイン技能検定2級を合格しましたので、自分なりの振り返りも含めて、まずは、ウェブデザイン技能検定3級の試験の合格に向けたちょっとしたアドバイスができればと思い、今回こちらで紹介していきたいと思います。

お急ぎの方

お急ぎの方は、以下の動画をご覧いただき、実際に試験でこちらができるようになれば合格間違いなしです!

ウェブデザイン技能検定3級とは?

こちらは、ウェブデザイン関連では唯一?の国家資格で、とにかくネームバリューに惹かれる感じの資格試験となっております。

合格しますと、3級ウェブデザイン技能士という称号を名乗ることができます。

こちらは、学科試験実技試験がありまして、両方合格すると、晴れて3級ウェブデザイン技能士を名乗ることができます。

勉強法

正直、勉強の仕方は個人差があるので、あくまでも私が実際に取り組んだことを紹介したいと思います。

学科試験

まず、前提として、私は仕事でウェブデザインなどはやっていないのですが、趣味レベルでウェブに興味を持ち始めたのが3年くらい前で、最初はウェブの分析が面白くなり、以下のYoutubeなどを見てHTMLやCSSについて学んでいました。

さらに、個人的なスキルアップのために、HTML5プロフェッショナルLevel1という民間の資格試験を勉強して、それに合格しているという状態で、昨年の2020年11月に試験を受けたという設定でこれからの話を聞いていただければと思います。

勉強時間

総時間としては、おそらく2時間もやってないかもしれません。

やったこと

公式ホームページに公開されている過去問3回分をさらっと流して間違えた部分を確認しました。

まとめると、ほとんど勉強はしないで、ただ、過去問を3回分やって答え合わせしただけです。

実技試験

こちらは、以下のYoutubeで公開されている動画を見ただけで、正直、ほとんどなにもしてません。

勉強時間

動画を見ただけなので、1時間くらいでしょうか。

やったこと

動画を見ただけです。

資格の価値

私の場合は、上記の勉強時間や、やったことから、事前の予備知識があれば、幸いほとんど何もしないでも合格することができましたので、あまり価値があるとは言えないかもしれません。

ただ、ウェブに関して何も知らない、例えば、HTMLってなに?CSS?相対パス???という状態の人や、ウェブを勉強したいけど、何からやっていいのかわからないという人が最初のステップとして、モチベーションのためにこの資格試験に挑むにあたっては、価値があると考えます。

さいごに

ウェブを基本から勉強するために、地道ではありますが、様々な資格試験ベースに体系的に身に着けていけたらと考えておりますので、今後もこのような記事をアップできればと思います。次回は、ウェブデザイン技能検定2級の実技試験について、解説していきたいと思います。

関連記事