新しいサービス【AwesomeQR】

トヨクモkintoneフェス2023にて登壇させていただいたきました!

2 min 616 views
トヨクモkintoneフェス2023

はじめに

2023年6月27、28日にトヨクモkintoneフェス2023というイベントがありまして、こちらで登壇させていただく機会がございましたので感想などをシェアできればと思います。

イベントの概要と目的

こちらのイベントの主催は、「カンターン、トヨクモ」のCMでおなじみのトヨクモ株式会社さんで、開催日時については上記のリンクを参考にしていただければと思います。

イベントの目的に関して、主催者側ではないので実際のところはわかりませんが、対象者によっていくつか考えられると思います。

kintoneを導入していない、または導入しているが連携ツールは導入していない方

kintoneの連携ツールを使ったさまざまな事例を紹介することで、kintoneに興味を持ってもらう、または、kintoneとトヨクモ連携ツールに興味をもってもらうことが考えられます。

kintoneとトヨクモkintone連携サービスを導入している方

普段の仕事では使ったことがないような連携サービスの活用方法が聞けたり、連携サービスの中でも導入していない部分の活用方法が聞けて興味を持ってもらうことができたりすると考えられます。

登壇した方

登壇することで、自らの実績をまとめることができ、また、多くの方々にトヨクモkintone連携サービスを知ってもらい、ユーザーが増えることで、サービスの質の向上を維持してもらったり、今後の新たなサービスへの期待なども考えられます。

登壇内容の要約

実際に登壇した内容は、上記のフェスのリンクからアーカイブ動画への視聴申込をしていただき、実際に見ていただければと思いますが、実際に弊社で活用しております、学術レポートを集約するシステムに関して紹介させていただきました。

個人的なポイントとしては、kViewerのちょっとしたカスタマイズに関して、いい紹介ができたのではないかと考えております。

登壇時にはきちんと紹介できませんでしたが、漢字クイズもできますので、ご興味があればぜひ以下のリンクも参考にしてみてください。

イベントの感想と学び

一番印象に残っているのは、連携サービスとは関係ないのですが、トヨクモの社長と夏野さんが対談しているところで、経営者の強いメッセージがとても興味深かったです。

また、その他の登壇の内容に関しては、実はまだすべてみきれてないのですが、エン・ジャパンさんの発表の内容がとても印象的で、「kViewerはやればできるこ」というキーワードを使った発表はとても参考になりました。

とにかく、自分の発表を改めてみると、皆さんの発表がすごすぎて、恥ずかしくなりましたが、こういった発表をしていただく機会を設けていただき感謝しております。

まとめ

この度は、登壇の依頼をしていただき、また、登壇前の撮影の準備や編集、その他、さまざまなサポートをしていただき、トヨクモのスタッフの方々へ対しては、この場を借りて感謝申し上げます。

さらに、いろいろなグッズまでいただきまして大変うれしく思います。

トヨクモグッズ
トヨクモグッズ

今後は、kintoneユーザーが増え、それにともない、トヨクモkintone連携サービスのユーザーも増え、さらなるサービス向上、新サービスなどを期待したいと思います。

そのために微力でありますができるだけ協力できればと思います。

おまけ

トヨクモkintoneフェス2023を終えて、そのあとに後夜祭というイベントまで開催していただきました。

こちらでは、実際に登壇した方やトヨクモkintone連携サービスのユーザーの方々とのお話しさせていただく機会まで設けていただき、楽しかったですし、とても参考になりました。

関連記事