知らなかった!? PhotoShopマッチフォント機能の話

1 min 464 views
知らなかった〇〇な話
Bunkyudo

Bunkyudo

突然はじまりました〇〇の話。
今日はPhotoshopの「知らなかったマッチフォント機能の話」です。



普段アウトライン化されたデータや、印刷物しか手元にない状態からデータを作成する時に、
使用しているフォント名が分からず困ったことはありませんか?

長年培った経験やカンで、”フォントの目利き”が出来ればいいのですがフォントの種類が多すぎて見ただけじゃ分かりっこないよ!という人のための便利な機能です。

  1. STEP

    準備

    フォント名を知りたい対象を画像化します。(スマートフォンで撮影してもO.Kです)

  2. STEP

    探す

    PhotoShopを起動して、メニュー>書式から「マッチフォント」で調べたいフォントが使用されている箇所を選択します。


    すると・・・

  3. STEP

    AdobeFontと同期

    画像の選択範囲内に含まれるフォントの中から使用できるフォント名が候補として出てきます。

    候補から探しているフォントに似た書体のクラウドアイコンをクリックしてアクティベートします。

  4. STEP

    発見!

    アクティベートしたフォントの中から実際に使用したいフォントを選択して、テキストツールで入力します。


対象はAdobe Fontsに登録されているフォントが対象
欧文だけでなく、和文にも対応!
そして、何よりこの機能を使用すると、街中で撮影した写真からでも誰でも似た書体を見つけることができる!

Bunkyudo

Bunkyudo

PhotoShopに限らず、AdobeCreativeCloudで出来る便利な機能を見つけたらご紹介します♪

関連記事