セル内の改行を削除(EXCEL)

1 min 223 views

EXCELで表を見やすくするために、文字列をセル内で改行する時は、 Alt + Enterキーを押すとその位置で改行できます。
見やすくはなりますが、いざデータとして利用したいときには、邪魔になります。そんな時に便利なのがCLEAN関数です。 
CLEAN関数は、他のソフトからインポートしたデータに含まれる 印刷できない制御文字を削除する関数です。 
CLEAN 関数は、7 ビットの ASCII コードの先頭 32 文字 (値 0 ~ 31) の印刷できない文字を文字列から削除するためのものでした。 
他のアプリケーションから文字をコピーしてEXCELに貼り付けるという場面はそんなにないかもしれませんが、他の人から入手したエクセルやいろんな人と共有しているEXCELなどでは、印刷されない制御文字が混入していることもあります。
セル内に何かよくわからない文字が混ざっていそうと思った時は、CLEAN関数を試してください。文字以外の余計な制御文字(ゴミ)を削除してくれるので、すっきりした状態になります。 


関連記事