印刷豆知識―その2―

1 min 162 views

印刷会社からの見積で「上質44.5kg」「上質48.5kg」という表記を見かけると思います。

この2つの紙の違いはなんでしょうか?

用紙篇

紙の種類

「上質」というのは紙の種類です。
オフィスで使用しているコピー用紙と同じような紙質の用紙です。

表面に塗料が塗布されていないため、カラー印刷の場合はデータで見たイメージよりも暗くなります。(印刷会社っぽくいうと色が沈みます)

上質紙以外にはスベスベした手触りで高級感のある「マットコート紙」、ツルツルしていて印刷の発色性が良い「コート紙」、上質紙に色がついた「色上質」がよく使われる印刷用紙になります。

斤量

「44.5kg」や「48.5kg」というのは全判サイズの用紙1,000枚の時の重さを表しています。
そして重さだけでなく、用紙の厚さもこの数字で判断しています。(今はすっかり慣れてしまいましたが、新人の頃は厚さをkgで表記することが不思議でした)

「44.5kg」と「48.5kg」実はこの2つはどちらも同じ厚さの紙になります。

なぜ数字が違うかというと、紙のサイズが異なるからです。
44.5kgはA判サイズの時の1,000枚の重さになり、48.5kgは菊判サイズの時の1,000枚の重さになります。
同じ厚さの紙でも菊判の方がA判より大きいので紙の重さも少し重くなります。

印刷内容や加工の仕様によってA判、B判、菊判、四六判を使い分けています。

A判

A4、A3などのサイズがあり、国際規格のサイズになります。

B判

B5、B4などのサイズがあり、日本独自の規格になります。

菊判

A判より少し大きめのサイズです。

四六判

B判より少し大きめのサイズです。

よく使う斤量一覧
A列本判B列本判菊判四六判
35kg53kg38kg55kg
44.5kg67.5kg48.5kg70kg
57.5kg87kg62.5kg90kg
70.5kg106kg76.5kg110kg
86.5kg130.5kg93.5kg135kg
関連記事