【ウェブ解析ツール】マイクロソフトクラリティってなに?【無料】

2 min 261 views
ヒートマップ画像

最終系

はじめに大事なことを言いますが、今回ももちろん無料で使えるので、ぜひご安心ください。(2021年1月時点)

今回はウェブ解析ツールであるBing Webmaster toolsの設定で、Microsoft Clarity(マイクロソフトクラリティ)という機能について紹介したいと思います。

早速ですが、お忙しい皆様へまずはどういうことができるのか、ざっくり動画をご覧いただきて、そのあと簡単に解説していきたいと思います。

背景

2021年1月30日にBing Webmaster toolsからメールが届きまして、英語だったため、正確に内容は把握できませんでしたが、セッションのレコーディングヒートマップが使えるようなイメージだったので、さっそく設定してみました。

マイクロソフトクラリティとは?

Microsoftクラリティの説明が以下のサイトに書いてあります。

こちらは英語になっていますので、DeepLで日本語に翻訳すると、以下のようになります。

簡単に言うと、ユーザーの行動無料で把握できる分析ツールとなります。

設定方法

設定については、指定のタグを分析したいページのHead部分に入れるだけ、GTM(Google タグマネージャー)などで、簡単に設定できます。

Bing Webmaster toolsの設定が事前に必要になります。

Googleタグマネージャー以外にもWordPressでの設定方法も「Install tracking code on third-party platforms」にあるリンクをクリックすれば、設定方法を説明してくれています。

上図の設定で、Googleアナリティクスとの統合もできます。

おすすめポイント

個人の意見ですが、無料のウェブ解析ツールでは、Googleアナリティクスが様々な分析ができて、BIツールとも連携でき、非常に優秀なツールだと思いますが、ページ単位での詳細分析については、今回ご紹介したMicrosoftクラリティの方がより効果的かと思います。

ヒートマップの無料のツールはいくつかありますが、レコーディング機能は、私が無知な部分もあると思いますが、見たことがなかったので、こちらは特におすすめとなります。

さいごに

いかがだったでしょうか。今回は、ウェブ解析ツールのMicrosoftクラリティを紹介いたしました。

解析ツールは世の中にいくつかありますが、それぞれの特徴を理解して、そして、一番大事なことは、そこから次に何をどう改善していくのかということになります。

弊社では、このような解析ツールを使用して、今後どう改善していくべきかのサポートを行っておりますので、ぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

関連記事