【続編】Excelガントチャートカスタマイズ【プロジェクトメンバー追加編】

2 min 8,365 views

はじめに

今回は、少し前にアップしたExcelガントチャートの投稿が自分が思っていた以上に反響がありまして、いくつかのご質問等もいただき、特に多かったのがメンバー追加をしたいということでしたので、そちらの解説をしていきたいと思います。

最後にバージョンアップしたExcelもダウンロードしていただけるように置いておきたいと思います。

お急ぎの場合

解説

今回は、やや設定が複雑になりますので、こちらの記事と動画もぜひご覧いただきご使用いただければと思います。

  1. STEP

    ガントチャートシートの書式設定

    まずは、ホームスタイル条件付き書式の中のルールの管理をクリックします。

    続いて、新規ルールをクリックして、数式を使用して、書式設定をするセルと決定を選択します。

    次の数式を満たす場合に値を書式設定に以下の数式を入力します。

    =AND(display_team_colors,NOT(task_assigned_to=""),task_assigned_to=設定!$G$23)

    ここで、上記数式の最後の設定!$G$23は今回設定シートに追加するメンバーのセルの場所が設定されてありますので、ここを適宜変更することになります。

    続いて、この設定の書式を設定するので、書式をクリックします。

    次に、塗りつぶしのタブから追加したいメンバーの色等を設定します。

    続けて、下図のように適用先に以下の数式を入力します。

    =$K$9:$BB$100

    上記の設定は、K列からBB列までのスケジュールの色の設定になります。

    次に、C列のメンバーの色を設定していきます。

    続いて、新規ルールをクリックして、数式を使用して、書式設定をするセルと決定を選択します。

    次の数式を満たす場合に値を書式設定に以下の数式を入力します。

    =task_assigned_to=設定!$G$23

    ここで、上記数式の最後の設定!$G$23は今回設定シートに追加するメンバーのセルの場所が設定されてありますので、ここを適宜変更することになります。

    次に、塗りつぶしのタブから追加したいメンバーの色等を設定します。

    色は、最初に設定した色を設定しておきます。

    続けて、下図のように適用先に以下の数式を入力します。

    =$C$9:$C$100

    上記の設定は、C列色の設定になります。

  2. STEP

    メンバーの追加

    右上の設定ボタンをクリックして、チームメンバーの担当者の部分で、最後のメンバーをコピーしてすぐ下に貼り付けをします。

    ホームスタイル条件付き書式の中のルールの管理をクリックします。

    コピーをして作成すると、条件付き書式もコピーされますので、上図のような形になります。

    続けて、追加したメンバーの色を設定していきます。

    =TRUE

    次の数式を満たす場合に値を書式設定はそのままで、書式を設定していきます。

    次に、特に設定は必要ないですが、できれば今後メンバーの追加を増やしたい場合のために、下図のように、書式のルールを整理していきます。

おわりに

設定は上記となります。
今回は、詳細な説明等は省いておりますが、メンバーの追加については、カスタマイズできると思います。

また、動画の方では、タスクのグループ化についても解説しておりますので、是非合わせてご覧ください。

それでは、新しいバージョンのExcelを以下からダウンロードください。

関連記事