新しいサービス【AwesomeQR】

【完全無料】動画編集の素人があえて無料ツールClipchampで宣伝動画を作ってみたがそれなりの動画になった

2 min 1,995 views
AwesomeQRのアイキャッチ

はじめに

まず、このタイトルからはやや反する内容かもしれませんが、私自身、文章を読むようになったのは30歳を過ぎてからであったので、さして問題ない気がしますが、いざ、いろいろと勉強するといった中で、「文章を読む」という経験値が少なかったため、何の勉強をするにしても本を読む力(読解力)がなさすぎて困ることがあります。

ですので、本当は本を読む、文章を読むということを勧めたいですが、それだとタイトル通りにならないので続けさせていただきます。

最近は本、新聞といった活字でのメディアより、画像や動画といったリッチなメディアで情報を得る機会が非常に多くなっていて、今では文章(活字)を読むということができない人(私のような人)が増えているそうです。

なので、今回は、リッチなメディアである特に動画の編集について取り上げてみました。

ツールの紹介

動画編集ツールといいますと、おそらく、世界的に有名なAdobeのPremirere Proを選択されると思いますが、こちらは実際に弊社でも重宝しておりまして、もちろん素晴らしいツールではありますが、有料になりますので、素人が手を出すにはややハードルが高いものであるということで、今回は無料でかつ簡単に使えるClipchampというツールを使用しました。

今回は、弊社のわりと新しいサービスであります【AwesomeQR】を紹介する動画を以下のClipchampで作成してみました。

完成した動画が以下のとおりです。

こちらは普段、制作業務をしていない営業をしている私でも無料でしかも簡単にここまで作れるようになっております。

サムネイル画像は弊社の制作担当によるものです。画像の影などは、Clipchampの無料枠ではできないと思われます。※有料枠を使ったことはありません。

動画編集の風景

早速ですが、動画編集の動画を用意しましたので以下の動画をご覧ください。

動画編集だけあって、言葉や画像で説明すると逆に時間がかかる内容だと思いますので、言葉での説明は割愛させていただきます。ぜひ上記の動画をご覧ください。

動画編集の中で、音声、特におしゃべりに関してはAIツールを用いたこれまた無料のシステムである、VOICEVOXさんを使用させていただいております。

さいごに

近年、Youtuberというのが、職業として認識されて、またそれを目指そうとする子供が多いというニュースをよく目にします。

私が考えるに、おそらく苦労してなさそうでお金稼げてるという風に見られるというのも一つの理由ではないかと思います。(おそらく、当時の自分でも楽して稼げそうに見えるから選択していた可能性は高いです。)

ですが、実際に動画を作るとなると、コンテンツを考えたり、装飾をどうするか、画像はどうするか、テキスト、背景はどうするか、エフェクトはどうするか、いつ何を配置して、どこでどうキャプションを配置するか、音声はどうするか、などただの画像を作るよりよほど綿密に考えないといけないわけで、こだわり始めるときりがなく果てしない時間を使う可能性もあります。

場合によっては著作権などの法律や契約面も理解していないといけないわけです。

なので、たいていの稼ぐYoutuberは、動画編集のプロに頼んでコンテンツの内容を伝えて作成してもらって、多くのコストをかけていたわけであります。

ですが、最近ではだれでも簡単に動画を編集できるようになっていて、今後、動画を作るというのはそこまでコストがかからないものになりつつあります。

ですからぜひ、一度自ら作ってみて、動画作成を依頼する価値があるかないかを自分自身で考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事