【リポート】2019-2020 受注案件の推移

1 min 238 views

昨年は、コロナの影響でご依頼いただく案件にも変化があったと肌で感じました。2019年と2020年の当社での案件実績を比較しましたのでリポートします。

※数値は金額ではなく受注案件件数の比較となります。

チラシ、リーフレット/ページ物

例年定期的にご依頼いただいていた案件も、イベント・集会の中止やオンライン化で作成しないことが多く、案件数も比例して減ったことが分かります。

名刺

人と接する機会が減ったからでしょうか。微減していることが分かりました。

封筒、伝票

コロナの影響というよりは時代の流れのように感じます。ここ数年、徐々に減少傾向にあります。

バリアブル印刷関連

多量の印刷物ではなく、個人情報を含む名前やIDなどが可変される印刷物です。依頼が増えており、バラマキではなくよりターゲットを絞った形にシフトしているようです。

・WEB(デジタル)関連

やはり一番伸びています。HP作成だけでなく、定期でご依頼をいただいているHPの効果測定リポートや、WEBを使ったアンケートが大幅に増えました。お客様からの相談も増え、我々が提案できる幅も広がった形だと思います。

ご依頼いただいた案件を見ても、昨年は当社にとっても大きな転換期だったように思います。今後コロナが終息してもお客様にとってどの選択がベストなのか、多くの提案ができるよう引き続き学んでいきます!

関連記事