郵便サービスの一部変更について

1 min 139 views

日本郵便によると、202110に郵便法改定により現行の郵便サービスが見直されるようです。

今回の改正による大きなポイントは2つです。

1.土曜日の配達休止 2021 年 10 月 2 日(土)から、普通扱いとする郵便物およびゆうメールの土曜日配達を休止します。※ 特定記録とするものを含みます。

2.お届け日数の繰り下げ 2021 年 10 月から、普通扱いとする郵便物およびゆうメールのお届け日数を、1 日程度段階的に繰り 下げます。

郵便局HPより

 お届け日数の繰り下げとは…  

郵便局HPより

なお、ゆうパック、ゆうパケット、クリックポスト、レターパックプラス、レターパックライト、速達、 レタックス、書留、簡易書留などにつきましては、引き続き、土曜日、日曜日および休日も配達し、 お届け日数に変更はないとのことです。

もともと普通郵便は着日指定ができませんが、投函後翌日や翌々日に到着するのをあたり前に感じていました。改定は10月からということですが、特に郵送を使い必着期日を設けたものは、今のうちから対応準備をする必要がありそうです。また、物理的に現物が必要なものを除き、請求書などのデータ送信に拍車がかかると考えられます。紙でないといけないものとそうでないものを見分ける良い機会かもしれませんね。

関連記事