Windows7と8.1のサポート期限はいつまで?

Windows10がリリースされてすでに5年近く経ちましたが、現在使われているWindowsOS3割以上がいまだにWindows7です。

 

 

 

 

 

 

メインストリームサポート期間

Windowsを発売してからセキュリティ更新プログラムや仕様変更など、OSの保守点検のサポートをMicrosoftが担う期間で、通常はOSの発売から5年間がメインストリームサポートの期間

延長サポート期間

メインストリームサポートの期間が終了したら、仕様変更などのサポートは終了しますがセキュリティ更新プログラムはさらに5年間提供されます

サポート期限終了したWindows7を使い続けるデメリットとは?

・セキュリティ機能が低下する

・個人情報漏洩リスク

・ウイルス侵入リスク

・使える周辺機器やソフトがなくなる

無償移行期間はすでに終了

Windows Updateを経由した無償移行期間はすでに終了しています。有料でのアップデートが現在ではメインの方法になっています。

アップグレード方法

・パソコン丸ごと買い替え

・オンラインコード版を購入

・パッケージ版を購入