GA4で自社からのアクセスを除外する

2 min 145 views

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)とは

「Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)」はご存じでしょうか。
第4世代のGoogleアナリティクスとして2020年10月にリリースされました。

近年プライバシーに関する規制が厳しくなっており、cookieの利用が制限されてきています。
そのため、cookieを使用する従来のアナリティクスでは収集できるデータの精度が低くなることが考えられます。

GA4はそういった規制にも対応できるようcookieに依存しないように設計されたアナリティクスとのことです。
こういった背景もあり、GA4を運用している企業はまだ少ないですが、今後徐々にGA4が主流になっていくのではないかと思います。

従来のアナリティクスからGA4に移行する際はデータを引き継ぐことができないため、将来的にGA4に移行することを見据えて早めにGA4でのデータ収集を始めた方が良いかもしれませんね。

自社IPアドレスを除外する設定方法

今回はGA4で自社からのアクセスを除外する設定についてご紹介します。
設定は簡単ですが、従来のアナリティクスとはやり方が異なるため、なにも情報がない状態だと戸惑うかもしれません。
GA4を設定される際の参考になればと思います。

  1. STEP

    自社IPアドレスの定義をする

    管理画面から設定>データストリーム>タグ付けの詳細設定>内部トラフィックの定義を開き、自社IPアドレスを入力します。

    ・マッチタイプ=IPアドレスが次と等しい
    ・値=自社のIPアドレス

    ルール名は自社IPアドレスなどと入力すると分かりやすいかもしれません。
    traffic typeの値はデフォルトで大丈夫です。

  2. STEP

    定義した自社IPアドレスを除外するフィルタを設定する

    管理画面に戻り、データ設定>データフィルタ>Internal Trafficでオペレーションが「除外」になっていることを確認(なっていない場合は除外に設定する)し、フィルタの状態を有効にします。

以上で設定完了です。

フィルタを有効にする前にテストする

フィルタを有効にする前にテストすることもできます。
step2でフィルタを有効にする前に下記のように確認できます。

自社ホームページにアクセスした上で、リアルタイムからテストフィルタの比較データを追加します。

テストデータのフィルタからinternal trafficを除外する設定をします

すべてのユーザー数に対して比較対象のユーザー数が1ユーザー少なくなっているので、自分が除外されていることが確認できます。

関連記事