New service "AwesomeQR"

【Excel】Microsoft Visio Data Visualizerというアドインを使ってきれいな組織図を作ってみた!

2 min 992 views

はじめに

会社だけでなく、団体やグループでも組織図を作成することがあると思います。

そんな時、どのツールを使うのが一番いいのかと悩むところですが、今回は、Excelにデータとして入力すると自動的にきれいな組織図自動で作ってくれるツールを発見しましたので、こちらをシェアさせていただければと思います。

最終系

今回は、以下のような画像をExcelとMicrosoft Visio Data Visualizerというアドインを使って作成していきます。

組織図

作り方

音声はありませんが、動画でも紹介しておりますので、お急ぎであればこちらをご覧ください。

  1. STEP

    アドインの取得

    下図の通り、開発アドインアドインをクリックして、ストアのタブから検索窓visioと入力して検索して、Microsoft Visio Data Visualizerの右の追加をクリックします。

    Microsoft Visio Data Visualizerの画像
  2. STEP

    レイアウト図を選択

    下図の通り、挿入アドインからVisioのアイコンをクリックすると、新しいウィンドウが立ち上がります。

    Microsoft Visio Data Visualizerの組織図の画像

    今回は、上図の通り、組織図の中の縦方向を選択して作成していきます。

    すると、下図のように、サンプルのテーブルと組織図の画像が生成されます。

    テーブルと組織図

    上の、従業員IDは必須となっていて、マネージャーIDの部分で階層の連携をしていく形になります。

  3. STEP

    編集

    サンプルは、海外っぽい仕様なので、日本っぽい仕様に編集してみます。

    テーブルを編集して、組織図の更新をクリックすると下図のようになります。

    テーブルと組織図

    レイアウトの変更もすることは可能ですが、MicrosoftのVisioのライセンスが必要となり、プランによって料金が発生します。

  4. STEP

    画像のダウンロード

    最後に、画像でダウンロードしたり、PDFにしたりします。

    下図のように、「」をクリックして、Webで開くをクリックします。

    すると、ウェブサイトが立ち上がりますので、下図のように、画面右上の「」をクリックして、PDFとしてダウンロード画像としてダウンロードをクリックして、データをダウンロードします。

さいごに

いかがだったでしょうか。もちろん、PowerPointなどでも作成できますが、こちらはExcelの表形式で作成できますので、お手元にあるExcel等の人事データを少し加工するなどすれば作成できますし、変更などがあった場合でも、テーブル内を編集するだけでササッと更新できてしまいます。

レイアウトや色味などを変更したい場合は、有料プランで編集することもできるみたいですので、まず、使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事