自動的に空白セルを選択(EXCEL)

1 min 102 views

所々に空白のセルがあって穴を埋めるように入力するのは、セルの選択やカーソルの移動だけでも大変面倒です。そこで、自動的に空白セルだけを選択した状態にしておき、次々に入力できるテクを身につけておくのがおすすめです。
空白が所々にある表です。空白のデータを穴埋めのように入力します。

表のデータを入力する範囲をドラッグで選択しておき、Ctrl + G を押します。[ジャンプ] ダイアログが開くので [セル選択] をクリックします。
[選択オプション] ダイアログで [空白セル] にチェックを付けます。
[選択オプション] ダイアログで [空白セル] にチェックを付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空白のセルだけが選択された状態になりました。この状態でデータを入力して、Enter を押すと、カーソルが次の空白セルへとジャンプしていきます。
空白のセルだけが選択された状態になりました。この状態でデータを入力して、Enter を押すと、カーソルが次の空白セルへとジャンプしていきます。
データの入力ワザの次はシートを使いこなしてみましょう。面倒なシートの複製などが素早くできます。
データの入力ワザの次はシートを使いこなしてみましょう。面倒なシートの複製などが素早くできます。
関連記事