【Excel】オリジナルのスケジュール表を作ろう!(その1)

皆さんはエクセルでスケジュール表を作成したことがありますか?

今回はエクセルでオリジナルのスケジュール表の作成方法についてシェアしていきます。

まず、目標は、下図のようスケジュール表を作成することにします。

【Step1】エクセルの列幅の調整

まず、エクセルの列幅を調整していきます。

下の画像の左上のセル(1の上、Aの左)を左クリックし、全セルを選択。Aを右クリックし、「列の幅」を選択。列幅に適当な数値を入れて「OK」を選択。

【Step2】スケジュールの「日」の部分の作成

適当なセル(今回はF5セル)を選択し、「Ctrl+;(セミコロン)」で本日の日付を入れる。(日にちはスケジュールの開始日なので、本日じゃなくても可)5のセルを左クリックし、5の行全部を選択。5のセルを右クリックし、「プロパティ」を選択。下図のように「表示形式」のタブの「ユーザー定義」を選択し、「種類」に「d」と入力する。(日だけを表示させる。)

G5セルに「=F5+1」と入力し、G5セルの右下を左クリックしながら右に適当な位置まで引っ張る。

【Step3】スケジュールの「月」の部分の作成

F4セルに「=TEXT(F5,”m”)」と入力し、「月」だけを表示させる。同様に右方向に引き延ばしたいが、同じ月は表示させたくないので、下図のように、G4セルに「=IF(TEXT(G5,”m”)=TEXT(F5,”m”),””,TEXT(G5,”m”))」と入力し、左のセルが同じ月だった場合、そのセルには何も表示させないようにする。

G4セルの右下を左クリックしながら右に適当な位置まで引っ張る。

【Step4】スケジュールの「曜日」の部分の作成

Step3同様に、F6セルに「=TEXT(F5,”aaa”)」と入力し、「曜日」だけを表示させる。

F6セルの右下を左クリックしながら右に適当な位置まで引っ張る。

日曜日を赤くしたいので、下図のように6のセルを左クリックし、6の行を全選択して、下図の右上の「条件付き書式」を選択し、「セルの強調表示ルール」「文字列」を選択。

下図のように、次の文字列を含むセルを書式設定に「日」、書式に「濃い赤の文字、明るい赤の背景」(デフォルト設定)でOKをクリック。

同様に、土曜日については青くしたいので、上記の中の、文字列を「土」に設定し、書式は「ユーザー設定の書式」をプルダウンで選択し、「フォント」タブで文字の色を設定し、「塗りつぶし」タブでセルの色を設定する。

最後に、F5セルに任意の日にちを入力してスケジュール表が変わるかを確認する。

今回は、スケジュール表の日付部分についてシェアしました。

次回は、条件付き書式の管理を使いながら、スケジュールを色付けしていきたいと思います。

ご不明な点がございましたら下記コメントへよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です