Googleスプレッドシートとは?

Googleスプレッドシートとはグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。 

できることもExcelと似ていて、またExcelとのある程度の互換性も持っています。簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。 

  

 

 

 

 

 

 

Googleスプレッドシートを利用するにはインターネットが必要? 

GoogleスプレッドシートはWebアプリケーションです。Webアプリケーションは、Webブラウザで動作するアプリケーションのことで、基本的な仕組みは通常のWebサイトと同じです。 

このため、インターネットに接続できるパソコンとWebブラウザがあれば、Googleスプレッドシートはどこからでも利用することができます。 

インターネットに接続していない場合は、Googleスプレッドシートのファイル一覧の画面で、ファイル右端のボタンをクリックし、メニューの[オフラインで使用できるようにする]をオンにします。 

なお、この機能を利用するには、WebブラウザにGoogle Chromeを使って、「Googleオフラインドキュメント」という拡張機能をインストールしておく必要があります。「Googleオフラインドキュメント」は、こちらからインストールできます。 

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-docs-offline/ghbmnnjooekpmoecnnnilnnbdlolhkhi 

 

 

 

 

 

 

 

GoogleスプレッドシートはGoogleドライブと一体化している? 

グーグルは、クラウドにファイルを保存できるクラウドストレージサービスとして「Googleドライブ」を提供しています。これは、マイクロソフトのOneDriveにあたるサービスです。 

Googleスプレッドシートは、このGoogleドライブと一体化しています。具体的には、Googleスプレッドシートで作成したファイルは、自動的にGoogleドライブに保存されます。また、Googleドライブ上で、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成することもできます。 

 

 

 

 

 

 

 

Googleスプレッドシートのファイルはパソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集できる? 

Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。このため、インターネットが使えれば、その他のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスできます。 

実際に、グーグルはiOS用およびAndroid用のGoogleスプレッドシートのアプリを提供しています。 

このように、さまざまな端末を使って、さまざまな場所から同じファイルにアクセスできるのは、Googleスプレッドシートの非常に大きいメリットになっています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Googleスプレッドシートは複数人による同時編集が得意? 

Googleスプレッドシートには、複数人での同時編集が得意です。Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。つまり、クラウド上に保存されているので、そのファイルに、複数の人が離れた場所からアクセスし、同時に編集することができるのです。 

この仕組みを使えば、たとえば請求書を作るとき、Aさんが商品名と個数を入力し、Bさんが商品の一覧表を確認しながら単価を入力して、請求書を完成させるといったことも可能です。 

また、チャット機能もあるので、同じ請求書を見ながら、「この商品の単価を確認して!」とか「正式な商品名を教えて!」といったやりとりを、リアルタイムで行うことも可能です。 

Excelでも同様のことは可能ですが、手軽さはGoogleスプレッドシートの方が優れていると思います。 

 

 

 

 

 

 

 

Googleスプレッドシートは基本的には無料? 

まずExcelですが、こちらは有料のソフトです。Officeのプレインストールされたパソコンやパッケージを購入したり、Office 365というクラウドサービスを契約して、はじめて利用することができます。 

これに対して、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、基本的には無料で利用できます。ただし、「G Suite」という企業向けのサービス(マイクロソフトのOfficeに相当します)を利用している場合は、その料金がかかります。 

 Googleスプレッドシートの特徴を活かす使い方は? 

Googleスプレッドシートの表計算ソフトとしての実力は、ビジネスで十分活用できるレベルです。そう書くと「Excelとどっちがいい?」と考えたくなりますが、両者は排他的ではありません。 

Excelは実績のあるソフトで、仕事はもちろん、他の会社とデータをやりとりするときも必ず必要になります。したがって、Excelのスキルは間違いなく必要です。 

一方、Googleスプレッドシートは、いつでもどこからでもアクセスできて、共同編集もできます。これはクラウドのメリットそのもので、それを活かすならGoogleスプレッドシートは最適です。 

というわけで、両方をうまく活用するのがいちばんいいと思います。ビジネスの現場を見ると、やはりExcelをメインにして、共同編集したいときなどにGoogleスプレッドシートを使うのが、バランスがよいと思います。