索引登録ファイルから一括登録する(自動登録)【WORD】

STEP(1)  索引登録ファイルを作成する

1.Word文書に2列の表を挿入(行数は適当でOK)

2.1列目に「文書内で参照する文字列」、2列目に「”索引 として登録する文字列” \y “よみ”」を入力

(!読みを登録しない場合は、2列目は省略可能です)

▼ 1列目の文字列を文書内で検索し、そこに2列目の”索引文字列”と”読み” を 登録します ▼▼

絵画 “絵画” \y “かいが”
技法 “技法” \y “ぎほう”
Drawing “ドローイング” \y “どろーいんぐ”
AED

・読みの入力は自由 (2列目省略可能)ですが、設定すると索引を五十音順に作成できます。読みがないと 文字コード順になります。

・↑のダブルクォーテーションは半角で入力する必要があります。入力オートフォーマットの「’’を‘’に変更する」のチェックを外しておきましょう。

 

STEP(2) 索引登録ファイルを使って索引項目を一括登録する

1.索引を作成するファイルを開き「参考資料」タブ-「索引の挿入」をクリック

2.「自動索引登録」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.STEP(1)で作成した索引登録ファイルを指定して「開く」をクリック

→ 索引登録ファイルの1列目の文字列が文書内で検索され 、そこに2列目の文字列で索引が登録されます。

 

文書内の全ページの語句を対象に索引項目が登録されます。(但し一段落に同一文字列が複数ある場合は最初の1つだけ登録されます。)

索引項目を登録できたら索引を作成しましょう。

 

■ 索引を作成する

1.「参考資料」タブ-「索引の挿入」をクリック

2.「段数」や「書式」を任意で指定し「OK」をクリック

↓索引が作成されました。

 

 

 

※ 索引登録時に「読み」も入力した場合は、五十音順で表示できます。(読みがない場合は文字コード順)