名刺のデータをOUTLOOKに簡単に取り込む方法

無料名刺管理アプリmyBridgeのデータを、Outlookの連絡先にインポートします。

撮影した画像をオペレーターが手入力するから正確で、手書きの情報にも対応しています。

登録できる名刺の枚数に上限がなく、全ての機能を無料で使用可能です。

 MyBridgeLINE社が提供している名刺管理ツールです。

 

今までの名刺管理ツールは連絡先を同期したり、知らぬ間に相手と繋がっていることがありましたが、myBridgeは名刺管理に特化したツールなので無駄な機能が少なく、とてもシンプルなツールです。

名刺データが完成したら、選択して「ファイルでエクスポート」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイル形式をOutlook(.csv)にして、送信します。

すると、登録されたメールアドレスに名刺データが送信されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Outlookを起動して、連絡先を表示して[連絡先]を選択します。

[ファイル]タブの[開く]から[インポート]をクリックします。

[他のプログラムまたはファイルからインポート]を選択

[インポート/エクスポート ウィザード]から、[他のプログラムまたはファイルからインポート]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。

[ファイルのインポート]から、[テキストファイル(カンマ区切り)]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。


◆インポートするファイルの指定

[参照]ボタンをクリックして、CSVの住所録を指定します。

[次へ]ボタンをクリックします。

 

インポート先フォルダーの指定


インポート先のフォルダーに準備したフォルダーを選択します。

[次へ]のボタンをクリックします。


◆フィールドの一致

[フィールドの一致]ボタンをクリックします。


 

インポートが開始されます。

終了すると、下のようにcsvデータがインポートされます。