企業情報

概要
会社名株式会社 東京文久堂
代表取締役社長林田 桂一
所在地〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-4-7 久月神田ビル2F
TEL03-3230-0193
FAX03-3230-0622
創立日2002年(平成14年)10月21日
資本金3,000万円
事業内容印刷・情報通信サービス事業
社長あいさつ

今年はうるう年で東京オリンピックが開催される年でもあります。

そしていろんな業界でデジタル化の波がピークに達する年です。教育関係、製薬関係などは特に顕著です。

情報発信手段としてテレビ、ラジオ、新聞、印刷、WEBなどがありますが、今後主役になるのはWEBしかありません。

弊社は印刷を本業としていますが、あくまでも印刷は情報発信の一手段です。お客様がWEBを最大限有効利用できるようなサポートができるように、日夜勉強をしています。WEBに関することは何でもご相談ください。必ず解決します。

2020年1月

代表取締役社長 林田桂一

○会社使命【Corporate Mission】
WEBと印刷の共存を図り、最もふさわしいメディアをプロデュースすることのできるトータルメディアプロバイダーとして、お客様の業務を支援します。

アクセス
  • 神保町駅(東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線/三田線)2番出口 徒歩2分
  • 九段下駅(東京メトロ東西線/半蔵門線・都営地下鉄新宿線)5番出口 徒歩5分
企業方針

顧客とともに問題を解決して日々進歩し、創造をすることによって貢献しながら共存します。

  • 解決【Solution】
  • 進歩【Progress】
  • 創造【Creation】
  • 貢献【Contribution】
  • 共存【Coexistence】
行動方針
  1. 常にお客様に興味を持ち、問題を解決する姿勢を保たなければならない。
  2. 新しい技術や製品の勉強を怠らず、常に情報発信提供のプロでいなければならない。
  3. 固定観念にとらわれることなく、基本から考え直して創造しなければならない。
  4. 社会から必要とされる会社でなければならない。
  5. 常に社会の一員として、お客様、お取引先やステークホルダーとうまく共存しなければならない。
沿革
2002年10月2003年1月に新潟の文久堂から東京における営業をすべて引継ぎ、株式会社東京文久堂を設立
2004年10月個人情報保護方針に従い、お客様情報のセキュリティ強化と業務の集中化を図るために、現住所に移転
2004年10月資本金を3,000万円に増資
2005年5月26日付けで、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)からプライバシーマーク(Pマーク)付与認定事業者に認定
2005年11月ISO9001:2000の認証取得
2006年3月カラー印刷用に富士XEROX DocuColor 7000 Digital Pressを導入(1999年7月にモノクロオンデマンド印刷機のDocuTech135を導入)
2010年3月東京文久堂NEWSをスタート
2010年3月PIXI Awards(Printing Innovation with Xerox Imaging)の特殊印刷部門で、全12か国のエントリー数151の中から準優勝を受賞
2011年1月PDF結合サービスをスタート
2012年3月児童養護施設「ぐるーん」にいる子ども達の里親制度・養子縁組の啓蒙と促進の社会貢献団体をスタート
2013年2月富士XEROX Color C800を導入
2013年3月マイクリアファイル印刷どっとコムのWEBサイトをスタート
2014年5月Microsoft Office365を導入
2015年3月Versant 2100 Press(カラーオンデマンドパブリッシング)2台導入
2017年7月富士ゼロックス製 FreeFlow Coreを導入 IT補助金に採択
2017年10月創立15周年 当社WEBページのリノベーション
2017年10月ISO認証取得の導入目的が社内に浸透し、且つ、その目的を達成できたと判断し【ISO返上】”自己適合宣言”
CSR

CSR(corporate social responsibility)とは、「企業の社会への影響に対する責任」と定義されています。
具体的には「株主、広くはそのほかステークホルダーと社会の間での共通価値の創造(CSV【Creating shared value】)の最大化」と、「企業の潜在的悪影響の特定、防止、軽減」の2つを推進することです。

法令順守や労働協約の尊重は前提条件と位置づけ、「社会」「環境」「倫理」「人権」「消費者の懸念」を企業活動の中核戦略として統合するものと理解しています。