Total Media Provider

バリアブル印刷

  • HOME »
  • バリアブル印刷

1.バリアブル印刷:
バリアブル印刷とはデータベースから情報を抽出し、1枚ずつ内容の違う可変印字を行う印刷方法です。文字だけでなく画像の差し替えや、バーコードの紐づけをはじめ、DTPで生成したデータでも可変印刷が可能となります。
プリンターで再現できない高品質な印刷物の作成を可能とし、アイデア次第で様々な場面での活用や付加価値向上が期待できる印刷方法です。


<バリアブル印刷の例>
・宛名印字
名前や住所、会員番号などお手持ちのデータを利用し可変印刷をすることができるため、今まで一つ一つ手書きで行っていた宛名書きや、差し込み印刷の手間を省くことができます。

 

・ダイレクトメール
ターゲットの年齢・性別・趣味などパーソナル情報を基に、個人個人に合わせたデータの作成を可能するので開封率の向上が期待できます。

・表彰状
名前はもちろん、所属部署、表彰内容などテキスト自体を可変することができます。行書フォントを使い、筆耕に近い形でのプリントを可能としますので、圧倒的にコスト/労力の短縮となります。また、印影まで印刷すれば押印の手間も省くことができます。
・クーポン券、チケット
内容や通し番号の可変、座席表であれば席情報まで網羅できるので一枚一枚すべて違った形の商品ができます。顧客管理、顧客サービスの向上に是非ご利用ください。

・バーコード印字
顧客情報や商品情報をバーコードにして管理するなど、使い方はさまざま。効果的な顧客管理やマーケティング方法として利用できます。
【バリアブル印刷にしたことによるメリット一例】
これまで案内状、振込用紙をバラバラに作っていたが、これをバリアブル印刷にし、更に案内状と振込用紙を一体型にした。
メリット①:内容によって案内状のパターンを増やすことで送付先へのアプローチの強化ができた。
メリット②:封入点数が減ったので、労力の削減/コストの削減につながった。
メリット③:封入時のマッチング作業がなくなり、入れ違いを防ぐリスク回避につながった。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3230-0193 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 東京文久堂 All Rights Reserved.