東京文久堂はWEBと印刷の共存を図り、
最もふさわしいメディアをプロデュースします。

印刷物は作成した時点がゴールではありません。情報伝達の一手段であり期待する効果を得て目的達成することが本来の情報発信です。膨大な情報量が溢れスピード感の早い現代社会において、従来の印刷という枠にこだわらずWEBを活用することでクライアントとエンドユーザーのコミュニケーションが更に充実したものになると考えています。今日作成した印刷物もひょっとするともっと違う形で世の中に出ていくことがいいのかもしれません。

当社はクライアントの目的や用途に沿った情報発信を総合的に考え提案することで、「トータルメディアプロバイダー」というスタンスを基にしています。