東京文久堂ニュース 1月59号

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

今年は初心に戻り、CREDO(クレド;ラテン語で志、約束、信条を表す言葉です。)を明確にして、弊社の方向性をしっかりと表明していくつもりです。

○会社使命【Corporate Mission】」

WEBと印刷の共存を図り、メディアプランナーとして、

最もふさわしいメディアをプロデュースすることで、

お客様の業務を支援するトータルメディアプロバイダー

○経営理念【Corporate Philosophy】

顧客とともに問題を解決して日々進歩し、創造をすることによって貢献しながら共存します。

○行動基準【Code of Conduct】

1、常にお客様に興味を持ち、問題を解決する姿勢を保たなければならない。

2、新しい技術や製品の勉強を怠らず、常に情報発信提供のプロでいなければならない。

3、固定観念にとらわれることなく、基本から考え直して創造しなければならない。

4、社会から必要とされる会社でなければならない。

5、常に社会の一員として、お客様、お取引先やステークホルダーとうまく共存しなければならない。

代表取締役社長 林田桂一

 

■今年の抱負■

――――――――――――――――――

創立12年。

まだまだ経営者主導の中小企業ではありますが…。

社員一人一人が自ら考え行動する。良いと思うことは積極的に提案する。ということが定着しつつあります。

この会社の中で自分が何をしたいか、何ができるか。自分の行動が会社もたらすものは何か。半期に一度の目標発表では臆することなく明確に自己表現することができます。

私は、目を輝かせて意見を述べる社員を見ていると健康エキスを頂いているような気になります。「会社は社員の成長とともに発展する」のでしょう。

はて、私自身の今年の抱負は?

一つは、2014年に実施した「多様な働き方の実現事業」の本格的な運用を監視すること。二つ目は人の意見を聞くことにします。

専務取締役 林田敏子

―――――――――――――――――――

諸説あるようですが、群れをなす羊は、家族の安泰を示しいつまでも平和に暮らす事を意味しています。(未 干支の由来)→穏やかで人情に厚い

2015年抱負!!!

みなさまとともに発展できる年にしていきます。

Win Win Peace

CS部部長 金丸裕一

――――――――――――――――――

お客様にとってもっと身近に感じていただけるよう、提案と訪問回数を増やしていきます!

営業課 馬場康輔

――――――――――――――――――

昨年も様々な印刷物やWeb案件に携わらせていただきましたがお客様に喜んで頂くためには、どの様な媒体でもその媒体にどのような目的があって、どのような背景でお作りされるのか、を意識することの重要性を年々実感しています。

お客様の目的を理解し、目的達成のお手伝いができる様に満足いただける仕事を心掛け又、お客様のお客様に伝わるメディアのご提案をしていきたいと思います。

そして初心を忘れずに今年も精進してまいります。

営業課 高橋奨

―――――――――――――――――――

2014年は様々なことを経験し、様々なことを学んだ年でした。

至らぬ点が多かったと思いますが、お客様や社内の皆さんから温かいフォローをいだたき、感謝いたしております。

2015年は更に多くのことを学び、業務に活かせるようにしていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

営業課 倉持香澄

―――――――――――――――――――

昨年はいろいろと変化のある年となり、いろんな意味で自身を見直す事ができたそんな1年になりました。2015年はその経験を生かすことにより、より良い商品とサービスを皆様にお送りできるよう努めてまいります。

POD課課長 鈴木琢磨(品質管理責任者)

―――――――――――――――――――

2014年は公私ともに充実した一年になりました。

2015年は人生の大イベントが控えているなど、今年も盛りだくさんな予感です。

今年一年、健康に気をつけて頑張っていきたいとおもいます!

制作課主任 小石大介

―――――――――――――――――――

日々ベストな状態で業務にあたれるように体調管理に留意し、健康第一をモットーに生活したいと思います。また、こつこつと一つずつ小さな課題をクリアし、目標を達成出来るように努めます。

制作課 松本真与

―――――――――――――――――――

今年は健康に注意し、充実した一年になるよう一所懸命がんばります。

総務課 主任 菅野千春

 

さて、今月も下記のニュースをお届けいたします。

◆今月のNEWS◆

1 姓と名を瞬時に分割(EXCEL)

2 冊子印刷ならAdobe Readerの機能を使うのが簡単(WORD)

3 「円」付きでも数値として計算可能に(EXCEL)

 

◆1 姓と名を瞬時に分割(EXCEL)

Excel 2013から追加された「フラッシュフィル」は、入力したデータのパターンに沿って同様のデータを入力できる機能です。例えば、半角スペースを挟んで姓と名が入力されたデータから、姓だけを抜き出せます。同様に名だけ抜き出すことも可能です。

左側にある氏名の姓のみを入力後(1)、次のセルを選択して「データ」タブの「フラッシュフィル」をクリックする(2)。それ以降のセルにも姓のみが自動入力される(3)

 

◆2 冊子印刷ならAdobe Readerの機能を使うのが簡単(WORD)

冊子印刷を利用すれば、文書を本のように加工することができます。用紙の表裏に2ページずつ印刷するため、一般的なA4用紙なら半分の大きさのA5サイズの冊子を作成可能です。A4サイズの冊子を作る場合は、A3用紙を利用します。

Word 2010では「ページ設定」ダイアログの「余白」タブで、「複数ページの印刷設定」で「本(縦方向に谷折り)」などを選ぶことで、冊子として印刷できます。しかし、この機能は設定がいまひとつ分かりづらいので、レイアウトが崩れてしまったり、プレビューから面付けを確認できなかったりすることもあります。

そんなときは、「Adobe Reader」の冊子印刷機能を利用しましょう。設定は簡単でレイアウトが崩れることもありません。プリンターが両面印刷に対応していれば出力されるのを待つだけです。なお、両面印刷非対応のプリンターを使っている場合は片面ずつ印刷する必要があります。

Word 2010では「ページ印刷」の「余白」で冊子向けの印刷方法を指定できるが、設定が分かりづらい。文書のレイアウトが崩れてしまったり、1枚の用紙に複数のページをうまく印刷できなかったりすることがある

「ファイル」タブで「保存と送信」を選び、「PDF/XPSドキュメントの作成」→「PDF/XPSの作成」とクリック。文書をPDF形式で保存する

Adobe Readerを起動し、作成したPDFファイルを読み込む

メニューの「ファイル」から「印刷」をクリック

「ページサイズ処理」で「小冊子」を選択し、印刷方法やとじ方を設定する。「印刷」をクリック

印刷した文書を折り畳んだり、ホチキスでとじたりすれば、冊子の完成

 

◆3 「円」付きでも数値として計算可能に(EXCEL)

数値に「円」などの文字を付けて入力すると、文字データと認識されてしまい、数式などで計算できません。計算対象にするには、表示形式で「円」を補います。「セルの書式設定」画面の「表示形式」タブで「ユーザー定義」を選択し、右側の「種類」欄の「G/標準」の後ろに「”円”」を加えます。「G/標準」とは、数値が入力されたときに適用される表示形式です。

数値の後ろに「円」が表示される(上)。カンマ区切りにしたい場合は、「#,##0″円”」と入力すればよい(下)。半角の「0」も「#」も数値の桁数を表す。「#」は該当する桁数がないと、何も表示しない

当該セルを選択し(1)、「ホーム」タブの「数値」右下部分をクリック(2)。「セルの書式設定」画面左で「ユーザー定義」を選択(3)。右側で「種類」 欄の「G/ 標準」の後ろに「”円”」を追加する(4)