東京文久堂ニュース12月58号

喫緊に国民の信任を問うようなことがないのに、12月のあわただしい時に衆議院選挙とはどうなのでしょうか。経済を本気で立て直してくれるような人はいないのでしょうか。
先日、寺島実郎さん【日本の評論家。多摩大学学長・教授、三井物産戦略研究所会長等】の講演を聞いたのですが、日本の成長戦略には「長期的な国土のグランドデザイン」と「新たな産業観に立つ産業創生戦略」が不可欠ということでした。本当に日本という国は長期展望に欠けているようですね。
さて、今月も下記のニュースをお届けいたします。
◆今月のNEWS◆
1ヘッダー&フッター活用ワザ【Excel 2010】

◆1 ヘッダー&フッター活用ワザ【Excel 2010】

・ページに手早くヘッダーとフッターを追加する
ページ数や会社名などを文書に加えるときは、ヘッダーやフッターを利用すると便利です。一度設定しておけばすべてのページに同じ内容が反映されるので、1ページずつ設定する必要がありません。ページ数の多い資料ではヘッダーやフッターの有無によって、内容の分かりやすさに差が出ることもあります。
ヘッダー(header)はページの上部に位置する要素で、日付や文書タイトル、会社名などの表示に使われることが多く、ページ下部のフッター(footer)はページ数の表示に使われるのが一般的ですが、注意書きやコピーライト表記にも使われるケースもあります。

Excel 2010には、よく使われるヘッダーやフッターのパターンがいくつか用意されています。使い方に慣れていなくても、数ヵ所クリックするだけで簡単に設定可能です。はじめてヘッダーやーフッターを利用する場合は、まずはあらかじめ用意されたパターンを利用するといいでしょう。

news12-image1

「挿入」タブをクリックし、「ヘッダーとフッター」をクリック

「ヘッダー」をクリックすると、よく使われるヘッダーのパターンが表示される。利用したいパターンをクリックする

「ヘッダー」をクリックすると、よく使われるヘッダーのパターンが表示される。利用したいパターンをクリックする

ページ上部にヘッダーが追加された。3つの要素で構成されるパターンは、ページの左上、真ん中、右上の順で並ぶ。「1ページ」のように要素がひとつだけのパターンでは、選択中の位置に表示される

ページ上部にヘッダーが追加された。3つの要素で構成されるパターンは、ページの左上、真ん中、右上の順で並ぶ。「1ページ」のように要素がひとつだけのパターンでは、選択中の位置に表示される

■ヘッダーやフッターの内容を自分で編集する
会社名やコピーライト表記など全ページ共通のテキストを表示する場合は、編集スペースに直接文字を書き込みます。左と中央、右の3つのボックスに分かれた編集スペースのなかから書き込みたい場所をクリックして選択し、いつもと同じように文字を入力すればOKです。文字を選択すれば、フォントや文字の大きさなどの書式を変えることも可能です。

ヘッダーやフッターに文字を表示する場合は、表示したい場所をクリックして直接入力する

ヘッダーやフッターに文字を表示する場合は、表示したい場所をクリックして直接入力する

ページ番号やシート名などよく使われる情報は、ボタンで追加可能です。要素を追加したいボックスをクリックして選択し、「ヘッダー/フッター要素」から種類をクリックするだけです。このとき編集スペースには管理用の記号や文字が表示されますが、選択を解除すると実際の内容が表示されます。

「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブにある「ヘッダー/フッター要素」から、利用したい要素をクリックする

選択した要素に応じて記号(ここでは「&[日付]」)が表示される

選択した要素に応じて記号(ここでは「&[日付]」)が表示される

ほかの場所をクリックして選択を解除すると、実際の内容が表示される

ほかの場所をクリックして選択を解除すると、実際の内容が表示される

なお、ヘッダーやフッターでは以下の記号を利用できる。
●ヘッダーとフッターで使用できる記号とその意味

要素の種類 記号
ページ番号 &[ページ番号]
総ページ数 &[総ページ数]
文書を開いたときの日付 &[日付]
文書を開いたときの時刻 &[時刻]
文書ファイルのドライブとフォルダー名 &[パス]
文書のファイル名 &[ファイル名]
ワークシートの名前 &[シート名]
画像 &[図]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

複数の記号を組み合わせて使うことも可能なので、現在のページ数と総ページ数を表示する場合、「&[ページ番号]/&[総ページ数]ページ」と記述します。
ヘッダーやフッターの編集スペースを閉じる場合は、ワークシートの表示方法を変更する。「表示」タブをクリックし、「ブックの表示」から「標準」をクリックします。

■オプションや画像を使ってヘッダー/フッターの見栄えをよくする
オプションを利用することで、ヘッダーやフッターの内容をページごとに変えることができます。使い道は限られますが、状況によっては必要な場合もあります。例えば文書の1ページ目を表紙としている場合、先頭ページだけはページ数は不要だ。このような場合、オプションから「先頭ページのみ別指定」を選択します。

「先頭ページのみ別指定」にチェックを入れると、1ページ目にだけ「先頭ページのヘッダー(または「フッター」)」と表示される。記号や文字を追加して内容を編集する

「先頭ページのみ別指定」にチェックを入れると、1ページ目にだけ「先頭ページのヘッダー(または「フッター」)」と表示される。記号や文字を追加して内容を編集する

1ページ目には設定したフッターが表示されている

1ページ目には設定したフッターが表示されている

2ページ目以降にはフッターが表示されていないのが分かる

2ページ目以降にはフッターが表示されていないのが分かる

複数ページの文書を用紙の両面に印刷して、クリップやホッチキスなどでとじる場合、ページ数はフッターの中央よりもページを開く側(小口)にあったほうが見やすくなります。奇数ページと偶数ページで表示内容や表示位置を変える場合は、オプションの「奇数/偶数ページ別指定」を利用します。

「奇数/偶数ページ別指定」にチェックを入れると、奇数ページと偶数ページで異なる内容を設定できる

「奇数/偶数ページ別指定」にチェックを入れると、奇数ページと偶数ページで異なる内容を設定できる

奇数ページと偶数ページで、表示位置を変えることも可能だ

奇数ページと偶数ページで、表示位置を変えることも可能だ

ヘッダーやフッターには、画像を配置することも可能です。会社のロゴや製品ロゴなどを配置することで、文書の見栄えがグッとよくなります。大きな画像を貼り付ける場合はルーラーを使って編集スペースを広げればOKです。ただし広げすぎると文書が見づらくなってしまうので注意してください。

画像を表示したい箇所をクリックして選択し、「ヘッダー/フッター要素」から「図」をクリック

画像を表示したい箇所をクリックして選択し、「ヘッダー/フッター要素」から「図」をクリック

画像表示用の記号(ここでは「&[図]」)が追加された。この状態ではまだ記号しか表示されない

画像表示用の記号(ここでは「&[図]」)が追加された。この状態ではまだ記号しか表示されない

news12-image15

ほかの部分をクリックして選択を解除すると、画像の内容が表示される

 ■複数のワークシートに共通のヘッダー&フッターを加える
ヘッダーやフッターは基本的に、編集中のワークシートに対して追加されます。しかし、表のデータを複数のワークシートに分割している場合もあるでしょう。個々のワークシートに同じヘッダーやフッターを追加するのは面倒ですので、ワークシートを複数選択して、ヘッダーとフッターを一括設定します。
複数のワークシートを同時に選択するには、Ctrlキーを押しながらワークシート見出しをクリックします。この状態でヘッダーやフッターを追加すると、選択中のすべてのワークシートに同じ内容が反映されます。
なおヘッダーとフッターは、リボン以外にページ設定ダイアログからも設定できます。

「ページレイアウト」タブをクリック。Ctrlキーを押しながらワークシート見出しをクリックして複数選択し、「ページ設定」右下のボタンをクリックする

「ページレイアウト」タブをクリック。Ctrlキーを押しながらワークシート見出しをクリックして複数選択し、「ページ設定」右下のボタンをクリックする

「ページ設定」画面が表示される。「ヘッダー/フッター」タブをクリックし、プルダウンメニューから使いしたいパターンを選択。「OK」をクリック

「ページ設定」画面が表示される。「ヘッダー/フッター」タブをクリックし、プルダウンメニューから使いしたいパターンを選択。「OK」をクリック

すべてのワークシートに同じヘッダーやフッターが追加される

すべてのワークシートに同じヘッダーやフッターが追加される

 ●NEWS

ZIPファイルを暗号化パスワードをかける方法

 情報漏洩など様々な事件により、セキュリティの関心は日毎に高まっています。個人情報や機密情報のファイルのやりとりをするにはパスワードをかけること、暗号化することが必須です。
しかし、相手方にも圧縮や解凍のソフトを入れなくてはいけないのはお互いに手間で、億劫になってしまう原因なのではないでしょうか。ZIPファイルのパスワード・暗号化の方法をご紹介します。
WidowsXPまでは、OS標準の機能でZIPファイルにパスワードを設定することができましたが、Vista、7以降はパスワードを設定できなくなりました。ZIPファイルにパスワードを設定するには何らかのフリーソフトを入れる必要があります。
ここではExplzh for Windowsというソフトを使った方法をご紹介します。下記のサイトからダウンロードしてインストールしてください。
窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/explzh/
既存のZIPファイルにパスワードを設定するには
1. ZIPファイルを右クリックし、「暗号化ZIPへ変換」をクリック
2. 圧縮形式(ZIP)を選択し、「暗号化(パスワード)書庫を作成」をクリックし、パスワードを設定する
ZIPファイルの作成と同時にパスワードを設定するには

news12-image19

1. Explzhを起動し、ウィンドウにファイルをドラッグ

news12-image20

2. 圧縮形式(ZIP)を選択し、「暗号化(パスワード)書庫を作成」にチェックを入れ「OK」をクリック

3. パスワードを入力して「OK」をクリック

3. パスワードを入力して「OK」をクリック

4. 「ファイル」-「名前をつけて保存」をクリックしてZIPファイルを保存する
これでZIPフォルダ内のファイルを開こうとするとパスワードを求められるようになります。尚、パスワード解除にはExplzhは不要です。解除するのはWindows7とWindows8.1でパスワードを入力すれば開くことができます。