氏名の列を姓と名の列に分割(EXCEL)

○区切り位置ウィザードを使用して分割する方法

下のような表があります。F列の氏名を隣のG列に姓を、H列に名を表示する操作です。

image1

F列の氏名が入力されたセルを選択します。
[データ]タブの[データツール]グループにある[区切り位置]をポイントします。

image2

[区切り位置指定ウィザード1/3]では、[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択します。
[次へ]ボタンをクリックします。

image3

[区切り位置指定ウィザード2/3]が表示されます。
[区切り文字]で[スペース]を選択します。[データのプレビュー]で確認して問題がなければ
[次へ]ボタンをクリックします。

image4

[区切り位置指定ウィザード3/3]が表示されます。
[表示先]を指定します。直接入力しても構いませんし、ダイアログボックス拡大縮小ボタンをクリックして、セルをクリックしてもいいです。

image5

表示先のセルが指定できたら、[完了]ボタンをクリックします。

image6

 

下のように姓と名を分けて表示することができます。

image7

 

○関数で分割する方法

A列に氏名が入力されていて、姓と名は全角の空白スペースで分けられています。
セルB2には、[ =LEFT(A2,FIND(“ ”,A2,1)-1) ]と入力すると[姓]を求めることができます。

image8

セルC2には、

[ =TRIM(SUBSTITUTE(A2,B2,””)) ]と入力すると[名]を求めることができます。

image8

LEFT関数とは、文字列の先頭から指定された数の文字を返す関数です。

image9

SEARCH関数とは、文字列が最初に現れる位置の文字番号を返す関数です。
氏名が半角スペースで区切られている場合は、[検索文字列]に半角スペースを指定します。

TRIM関数とは、単語間のスペースを1つずつ残して、不要なスペースをすべて削除します。

image10

SUBSTITUTE関数とは、文字列中の指定した文字を新しい文字で置換えます。

image11

関数で姓名を分割すると、ふりがな表示は出来なくなります。

image12

Excelの場合、区切り位置ウィザードを使うほうが早いと思います。区切り位置ウィザードを使用した場合は、ふりがなを表示することができます。