1 データを集計する(小計)

Excel2013でデータを集計する機能は「小計」というコマンドボタンから開始することができます。また、集計の方法は合計だけではなく平均やデータの個数、最大値、最小値などを選択することができます。

[データ]タブの[アウトライン]グループに[小計]があります。

集計を行うには集計する項目がグループで並んでいる必要があります。

・集計(小計)の実行手順

1.下図のようなデータを「担当者」ごとに集計したいと思います。

「担当者」がバラバラに並んでいます。(伝票No.の順に並んでいるデータになっています。)

2.「担当者」をキーに並べ替えを実行します。

担当者の列内のセル1つを選択して、[データ]タブの[昇順]を実行します。

3.集計したいデータリストを担当者ごとに並べ替えることができました。

4.[データ]タブの[アウトライン]グループに[小計]を実行します。

5.「集計の設定」ダイアログボックスが表示されました。(細かいことですがコマンド名は[小計]ですが、ダイアログは「集計」という言葉が使われています)

グループに基準で「担当者」を選択しました。

集計の方法で「合計」を選択しました。

集計するフィールドは「金額」「消費税」「合計金額」にチェックを入れました。

6.担当者ごとの集計行が挿入されました。

左側にはアウトラインが表示されました。

7.アウトラインの「2」をクリックしてレベルを上げると、集計行が表示されました。

各担当者ごとに集計ができているのが確認できました。

・なお、集計行にはSUBTOTAL関数を使った数式が入力されています。

8.元に戻すにはアウトラインのレベル「3」をクリックして、データを展開します。

○集計の方法

集計の方法は合計だけではなく、データの個数や平均、最大値、最小値など多くの種類から選択することができます。

1.[データ]タブの[アウトライン]グループに[小計]を実行して、集計の設定 ダイアログボックスを表示しています。

集計の方法のドロップダウンリストを開くと、合計、データの個数、平均、最大値、最小値、積、数値の個数、標本標準偏差、標準偏差、標本分散、分散といった集計の方法が表示されます。

2.集計機能の各集計方法と集計時に挿入されるSUBTOTAL関数の引数は下表のようになります。

・Subtotal関数で使用できる集計の方法と一致していることが分かります。

・集計を解除する

1.データリスト内のセルを選択します。

2.[データ]タブの[アウトライン]グループに[小計]を実行します。

3.[すべて削除]ボタンをクリックします。