東京文久堂ニュース1月 71号

あけましておめでとうございます。

71_image1
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いします。
今年は申年ですが、現在の暦ではうるう年となるのは申年と、子年、辰年だけだそうです。

■2016年の抱負■

〇代表取締役社長 林田桂一

弊社はこの2年間、残業を廃止する準備を進めてまいりましたが、やっと今年から残業を全面廃止します。残業をして効率が上がることは決してないと確信しております。
ただし、残念ながら時間外勤務をすべてなくすまでには至っていませんので、当面早朝出勤だけは必要に応じて許可することにしています。皆様にはご迷惑をおかけしないようにしていく所存です。

〇専務取締役 林田敏子

去年までは、「仕事と育児の両立に悩む社員の力になれるようなことをしよう!」と取り組んできました。これはこれで多少の成果があったと自負するところです。
2016年は、心新たに・・・何しようかなぁ~。
そうだ!ハラスメントを防止しよう!
と言っても、社内で大問題が生じているわけでも無いのです。
ということで、社内コミュニケーションを円滑にまた、良好に取り合うことで種々のハラスメントを防止できるはずとの思い込みから、「お互いを尊重しあうコミュニケーションを図りましょう!」とのスローガンのもとに行動をおこしてみようと考えているところです。
〇CS部 部長 金丸裕一
昨年中は大変お世話になりました。
皆さまの笑顔がいっぱいの年になりますように、力一杯・元気いっぱい!今年も、頑張っていきます。
お仕事のサポートが精いっぱいできる年にしていきます。

〇営業課 馬場康輔

昨年は子どもが生まれ、忘れられない一年となりました。
子どもの成長に負けず、自身も成長していける年にしていきます!

〇営業課 高橋 奨

毎年テーマにしている「初心忘れるべからず」を念頭に、いつでもチャレンジ精神を持って、日々精進してまいります。
そして2016年は更に飛躍の1年にしていきます!

〇営業課 田中結惟

今年から多くのお客様を新たに担当させて頂く事になりました。
皆さまにとって良きパートナーとなれるよう邁進してまいります。
ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

〇制作製造課 課長 鈴木琢磨

2015年度はいろいろな面で変動の一年となりました。
その経験を活かし2016年をより良い一年にして行きたいと思います。

〇制作製造課 主任 小石大介

昨年は「下町ロケット」のドラマにはまってしまいました。
今年はあのドラマのように情熱的に仕事に打ち込めるよう頑張ります!

〇制作製造課 松本真与

旧年中は新しい気づきや学びを得る機会に恵まれた一年となりました。
お世話になった皆様ありがとうございました。
自部門の新体制にともない気持ちも新たに、今年度は吸収したことを日々の業務で活かしていけるように精一杯頑張ります!

〇総務課 主任 菅野千春

2016年 心機一転、心新たに充実した一年となるよう頑張ります。

〇総務課 戸田香澄

昨年は様々なことを学び考え、挑戦する年となりました。
この経験を活かし、今年も縁の下の力持ちとして精進してまいります。