ダミーデータを作成したい

Excelで関数や機能を使った練習をしたい、とか資料を作成したいといったときにダミーデータを楽に作成する方法を書いてみます。

〇連番を作成する

・連番は行番号と連動させています。

・=ROW() でセルの行番号を得ることができますので、連番としたい数値に調整します。

・ここの例では 1001 からの連番としています。数式は =1000+ROW()-1 としました。

・2行目なので行番号は「2」となります。 よって、=1000+2-1=1001 となるわけです。

〇日付を作成する

・ランダムな日付を作成するのですが、どのような日付の並びにするのかが問題となります。

・ここでは、単純にある期間のランダムな日付であればよいことにしています。

・よって、=RANDBETWEEN(“2017/01/01″,”2017/03/31”) と 2017/01/1~03/31の間でランダムになるようにしています。

日付のセルは 表示形式を長い日付形式としています。

〇担当者、商品名、単価を作成する

ダミーデータに使用する担当者や商品名などはリストにしておくと便利です。

ここでは Sheet2にテーブル「テーブル1」として作成してみました。

担当者は作成したテーブルからランダムな1~5の数値によって呼び出します。

数式はテーブル名を利用して =VLOOKUP(RANDBETWEEN(1,5),テーブル1,2)としました。

商品名の数式は =VLOOKUP(RANDBETWEEN(1,5),テーブル1,3)としました。

担当者の数式とは列数が「2」と「3」が違うだけです。

価格はテーブルを利用した数式だと=VLOOKUP(RANDBETWEEN(1,5),テーブル1,4)となります。

〇数量を作成する

数量はランダムな数値なので、範囲を10~25 と決めて、=RANDBETWEEN(10,25) としました。

〇再計算を止める

ダミーデータを作成するのに RANDBETWEEN関数 を使っていますので、再計算のたびにデータが変化します。データが変化しないようにするには、数式を値に変更する必要があります。

データを選択して、[Ctrl]+[C]でコピーします。

Shee3のA1セルを選択し、[Ctrl]+[V]で貼り付けます。

右下に表示される [貼り付けオプション]ボタンをクリックして「値」を選択します。