バリアブル印刷とはデータベースから情報を抽出し、1枚ずつ内容の違う可変印字を行う印刷方法です。

文字だけでなく画像の差し替えや、バーコードの紐づけをはじめ、DTPで生成したデータでも可変印刷が可能となります。
アイデア次第で様々な場面での活用や付加価値向上が期待できる印刷方法です。

 

バリアブル印刷事例

・宛名印字

名前や住所、会員番号等のデータを利用し可変印刷をすることができます。今まで一つ一つ手書きで行っていた宛名書きや、オフィス内プリンターでの差し込み印刷等の手間を省くことができます。

・ダイレクトメール

年齢・性別・趣味等のパーソナル情報を基に、個人個人に合わせたデータの作成が可能です。通常のダイレクトメールでは表現できないOne to OneのDMによって開封率及び訴求効果の向上が期待できます。

・表彰状

名前はもちろん、所属部署、表彰内容などテキスト自体を可変することができます。又、行書フォントを使い、筆耕に近い形でのプリントを可能としますので、圧倒的にコスト、労力の短縮となります。また、社判等の印影を印刷することで押印の手間も省くことができます。

・クーポン券、チケット

サービス内容や通し番号を1枚毎に可変することができますので、金券等におけるナンバー管理をはじめ、会員属性に応じてサービス内容を可変させること等が可能です。また、座席表つきのチケットであれば席情報まで印字する事ができるので、利用者の満足度を圧倒的に高めることができます。

・バーコード印字

顧客情報や商品情報をバーコードにして管理するなど、使い方はさまざま。効果的な顧客管理やマーケティング方法として利用できます。