1、常にお客様に興味を持ち、問題を解決する姿勢を保たなければならない。

2、新しい技術や製品の勉強を怠らず、常に情報発信提供のプロでいなければならない。

3、固定観念にとらわれることなく、基本から考え直して創造しなければならない。

4、社会から必要とされる会社でなければならない。

5、常に社会の一員として、お客様、お取引先やステークホルダーとうまく共存しなければならない。