CSR(corporate social responsibility)とは、「企業の社会への影響に対する責任」と定義されています。
具体的には「株主、広くはそのほかステークホルダーと社会の間での共通価値の創造(CSV【Creating shared value】)の最大化」と、「企業の潜在的悪影響の特定、防止、軽減」の2つを推進することです。

法令順守や労働協約の尊重は前提条件と位置づけ、「社会」「環境」「倫理」「人権」「消費者の懸念」を企業活動の中核戦略として統合するものと理解しています。