当社は、多くのクライアントの印刷物及びデジタルコンテンツを扱う企業であり、事業運用に携わる企業として製品供給責任は重いと考えられる。
このミッションを安定的に果たしていくために、ここに当社のBCP(事業継続計画)を策定して、運用し、これを継続的に改善していく。
当社の事業特性から、緊急時の事業継続を図る上での方針を以下のとおり定める。

1. BCP 策定・運用の目的:
①従業員の雇用とその家族の安全を守ることによって、株式会社東京文久堂のコア・コンピタンスである従業員が安心して働ける会社を創ります。
②顧客企業への当社製品の供給責任を果たすことを通じてお客さま、協力業者さまの生活維持に寄与いたします。
③ 緊急時においては地域社会を構成する各種の組織や家庭と相互扶助することによって地域の活力を維持することを心掛ける。

2. 緊急時に事業継続を図る上での目標:
① 当社が所属する団体や公的支援機関等と連携して、緊急時の相互扶助に取組む。
② 緊急事態下においてもコンプライアンスに努めるほか、取引上の商道徳を高く維持する。
③ 近隣の企業や地域住民との連携を密にして、地域社会の安全と復旧に貢献する。
④ 緊急事態下では、公安関係機関やライフライン関係事業者等の情報を迅速に把握することに努め、行政の支援施策を活用しながら当初の目的を果たす。

3. BCP(事業継続計画)の見直し時期:
当社のBCP(事業継続計画)は、次の時期に見直し改定する。
①毎年7月(年1 回定期的)
②その他必要に応じて随時